農作業用無人車『R150』日本国内販売を開始

中国広州に拠点を置くXAG社が開発・製造する農作業用無人車「R150」の日本国内販売が6月15日、開始されました。販売元はXAG JAPANおよびバイエル クロップサイエンス株式会社です。

農作業用無人車「R150」は、2つのバッテリーを動力源とする電動式の四輪駆動(4WD)車で、圃場内を移動しながら農薬の散布や、資材や農作物の運搬などを行います。

XAG社では2018年に農薬散布用ドローンの日本国内販売を開始しており、日本におけるスマート農業分野でのさらなる需要の獲得を目指します。

農作業用無人車「R150」(XAG社)とは

農作業用無人車「R150」は、農薬の完全自動散布や、収穫物や農業資材、水などの運搬を行う農作業の省力化を目的としたスマート農業機械です。アタッチメントによる拡張性が高く、XAG JAPANの住田社長によると「農家さんのニーズに合わせて機能を拡張することができます」とのことです。

農薬散布システム搭載時の総重量は200キログラムで、最大積載量は150キログラム。動力源となるバッテリーは、フル充電で4時間の稼働が可能です。また、散布システムのスペックは、噴霧レベルが60μmから最大200μmで、最大流量は1分あたり4.8リットルです。

その他、対塵耐水(IP67)を備え、農場での長期間の使用に耐える頑丈な設計となっています。

作業に合わせた4つの操作モード

農作業用無人車「R150」には、作業内容ごとにユーザーが選べる4つの操作モードがあります。

ルートモードでは、事前にプログラムされた農場や圃場のルートを巡回し、農薬の散布などの作業を行います。また、往復モードでは決められたルートを往復する形でR150が自動で走行します。さらに追随モードでは、作業者の後ろをR150が追いかける動作をおこない、リモコンモードではコントローラーによる遠隔操作によってR150を自在に動かすことができます。

R150の散布システムのスペック

R150の散布モードでは100リットルのタンクを機体に積載することが可能で、高速気流スプレーシステム「ジェットスプレーヤー」によって農薬の完全自動散布を行います。農薬散布でも、自動運転によるルートモードの使用が可能です。

スプレーの噴射角度は、左右が最大290度、上下が最大200度まで回転します。最大散布幅は12メートルで、最大作業効率は1時間あたり5.3ヘクタールです。

R150の公式動画(日本語)

最後に、XAG JAPANが公開しているR150の公式動画をご紹介します。